スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告回避

こちらから  →  【おっちゃんとネズミ捕り
スポンサーサイト

捕まえたネズミをどこに逃がすか?

朝起きて、ネズミ捕りの入っている段ボールを開けてみる。
おー、ちゃんとティッシュを自分で引き込んで寝床を作ってやがる。

ねぐら (寝床を作った、ねずたろう)

さて、ねずたろうの処遇だが・・・
飼いたい気持ちは強いが、やはり逃がすことにした。

野ネズミは、あやしいウィルスを持っていることがあるらしいし、
なにより俺は動物アレルギー。
昨日のわずかな接触でも、多少の症状を確認できた。

ちなみに、俺の妹はハムスターを飼っている間、
原因不明の気管支炎に悩んでたらしい。
気付けよ。

逃がすといっても、どこに逃がすかが問題だ。
民家の近くはダメだ。
どうせまた捕まって、そして今度は殺されるだろう。

世のほとんどのネズミ捕りは粘着式ネズミ捕り。
殺す前提なのだ。ネズミを生け捕りなど、人々は考えぬのだ。

野に放つ・・・森だな。

厳密にはまったく森ではないのだが、
名前に「森」とつく場所へ。

森 (森?)

地面がフワフワだ。腐葉土っていうのか?
まあ、だいぶ森っぽいので安心した。

ネズミ捕りを置いた瞬間、ねずたろうは大興奮!
おう。おまえも、ここが気に入ったか。

扉を開ける。
カゴから出るとき、一瞬だけ躊躇。そして・・・

野に帰る、ねずたろう (野に帰る、ねずたろう)

「チューチューチュー」

走り去りながら初めて鳴いた、ねずたろう。
なんて言って去って行ったのか。ネズミ語は、わからんわ。

最後にねずたろうが逃げたあたりの草陰に
油揚げを一枚まるごと投げ込み、おしまい。

ねずたろうベストショット

達者で暮らせよ、ねずたろう。

ネズミ捕りで捕獲に成功!その秘訣は?

パソコンで作業中、ネズミ捕りを設置したキッチンから
「パリパリ」と音がした。
油揚げは音がするから、なかなかナイスだ。

そーっと覗きに行くと、音は止む。
さすがに人間の気配には敏感か。

パソコンの前に戻り、しばらく耳を澄ますが
その後、音はせず。

だが、再びパソコンで作業を始めると・・・
また「パリパリ」。

なるほど、俺がキーボードを叩く音でポジションを確認しているわけか。
やるじゃねーか、ねずたろう。

しかし、いっこうに罠が作動しない。
このままじゃ、また餌を取られて終りだ。

しょうがないので、でかい足音を立てながらネズミ捕りを回収。
くそう、油揚げを半分以上もってかれてる。

餌を新しく取り付け、
ロック棒の引っかかり具合を5回に1回くらい、ようやく引っかかる程度に調整。

キッチンに再度セットする。
さすがに、警戒されたろうから今日はもう無理だろうとパソコンで作業を再開。

すると・・・

「パリパリ」

「カシャーーン!」

かかりやがった!!

ダッシュでキッチンへ向かい、中を確認することもなくネズミ捕りを廊下へ。
万が一また抜けられても、冷蔵庫の下には戻らせねーぜ!
当然、この時のために廊下に面したドアは全部閉めてある。

廊下の電気を付け、ネズミ捕りの中を確認。
いた! いたぞ! ねずたろうが!

ねずたろう (ついにお目見え、ねずたろう)

抜け穴を見つけようと、うろうろしてやがる。
かわいいな、こんちくしょー!

しばらく、ねずたろうの行動を観察。
予想どおり、ちびっこのねずたろうはネズミ捕り上部の仕掛けは抜ける。
閉じておいてよかった・・・

ねずたろうの大きさ (とっても小さいネズミ、ねずたろう)

とりあえず、ねずたろうの処遇は明日決めよう。
夜中にカゴから抜けられることも考え、今夜は廊下でお泊りだ、ねずたろう。

廊下は寒いのでカゴは段ボールに入れ、さらに新聞紙で保温。
そしてティッシュを一枚カゴに突き刺しておいた。

保温 (ティッシュを、くんかくんかするねずたろう)

あとは自分でなんとかしろ、ねずたろう。
世の中は厳しいのだ。わはは。

ねずたろうベストショット (ねずたろうベストショット。餌棒にしがみつく、ねずたろう)

やべぇ・・・飼いたい。

新・ネズミ捕りを改造

前のネズミ捕りは網目が広すぎて
ちびっこのねずたろうは逃げてしまうってわけで
新・ネズミ捕りを購入!

こいつは網目が7ミリで
小さいネズミも捕獲できるらしい!

しかし、逃げられた出来事がトラウマになってる俺は
さらに改造をホドコス!

ちょっと広めの網目は針金で狭く!

ネズミ捕りを針金で補強 (ジグザグに針金を通すのにかなり苦戦)

扉付近にも広めの隙間を発見したので補強!

ネズミ捕りをクリップで補強 (クリップがいい感じにハマった)

しかし気になるのはカゴ上部の仕掛け。

外から入れても、中からは出れないらしい。
これで、1匹掛ったあとでも追加で仲間を捕獲できるという・・・

ネズミ捕り上部の仕掛け (ネズミ捕り上部の仕掛け)

しかし、どう見ても付け根のところの隙間が広い! 広すぎる!
念のため、閉じておくことにしよう。

厚紙程度じゃ、きっと食い破られるな。
何かいいものはないかと工具箱を漁る。

これだ!
以前、風呂場を修理したときに使ったアルミテープ!
アルミはピカピカで警戒されそうなので、両面に厚紙を張る。

ネズミ捕り上部を塞ぐ (厚紙よりは頑丈であろうアルミ)

餌の油揚げを付けて完成!
ガムテープのせいでカッコ悪くなっちまったい・・・

ネズミ捕り補強済み (完成品)

前のネズミ捕りと違って、
えさ棒の引っ掛け部分の角度を、ペンチで微調整する必要があった。

物としては、前のネズミ捕りの方がかなりしっかりしている。
相手がちびっこでなければ、そちらのがよさげだ。

さー! くるがよい! ねずたろうよ!!

ネズミ捕獲失敗…その原因とは!?

カシャーーン!

静かな我が家に突如響き渡った乾いた音。
ビビリな俺は心臓が止まるかと思ったぜ。

ネズミ捕りが作動したと気付きダッシュでキッチンへ行く。

「このやろう、ねずたろう! かかりやがったなー!」
などと興奮して叫びながら、ネズミ捕りに近づくと・・・

いた! いたぞ、ねずたろうが!

人間が近づいてきてビビリまくってるねずたろう。
カゴの中をクルクルと走り回ってる。

ねずたろうの姿を見るのはこれで2度目か。
あいかわらずかわいいな、このやろう!

と、その時。
クルクルクルクルクル、カチャカチャ、スルッ、テケテケテケ・・・

・・・え?

ねずたろうは、また冷蔵庫の下へ。
あまりの出来事に、しばらく茫然とする俺。

ねずたろうが小さすぎて、網目の隙間から脱出したのだ。
なるほど。ネズミ捕りカゴには、少し広めの隙間がある。

とはいえ、その幅1cm程度だ。
どんだけ小さいんだ、ねずたろう。

kago.jpg (一番上だけ隙間が広い。測ったら幅1センチ。他は7ミリ)

さて、どうしたものかー

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
寂しいおっちゃんです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。